大切な新しいお客様|韓国の小説をスムーズに読むには翻訳が必要不可欠

韓国の小説をスムーズに読むには翻訳が必要不可欠

大切な新しいお客様

オペレーター

顧客として考える

日本は諸外国と異なり地続きで外国と接していません。そのことが影響しているのか、一種の外国人アレルギーとも言えるでしょう。英語を勉強していても話す機会がないため、いざ実践しようとするとしどろもどろになるということも珍しくありません。中にはどう対応して良いか分からないという方もいらっしゃるでしょう。ですが外国人は日本企業にとって大きな利益をもたらすお客様でもあります。企業としては顧客と考えることもできるでしょう。折角自社へ連絡をくれた海外企業に対して何もできなければそれは利益損失に他ありません。外国人という顧客と応対するためにも上手く多言語翻訳サービスを使っていきましょう。簡単な文書を翻訳するだけでも外国人は助かるはずです。

どう活用するか

企業として外国人へ伝えたい事柄を限定するということは重要です。何も自社の業務を全て翻訳する必要はありません。必要最低限の翻訳であっても十分に取引を進めることはできるはずです。外国人がどこへ連絡しどういったプロセスで取引を進めることができるのか、といった点だけでも示すと良いでしょう。多言語翻訳サービスを利用する際には利用する言語を予め決めておくことがポイントです。全ての言語に対応しようと多言語翻訳をすると途轍もないコストがかかるでしょう。英語圏だけなのか、それとも近隣諸国の言語も含めるのか検討する価値は十分にあります。それまでどの国の方から自社へ連絡が来たのか、というデータを上手く多言語翻訳サービスと連携させれば上手くいくかもしれません。